スタプリ第3話ストーリー内容・考察まとめ|ひかる・ララの喧嘩・仲直りと青山充氏の作画に注目!!

スタプリ第3話ストーリー内容・考察まとめ|ひかる・ララの喧嘩・仲直りと青山充氏の作画に注目!!

スター☆トゥインクルプリキュア(スタプリ)の第3話「プリキュア解散!?スタープリンセスの力を探せ☆」が放送されました。

既に感想については書きましたので、今回の話全体について以下簡単にまとめておこうと思います。

今回はひかるとララ(ひかララ)の喧嘩・仲直りというストーリーと青山充氏による特徴的なかわいい作画が見所だったと思います。

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

青山充氏の作画にも注目!!ひかララ喧嘩・仲直りのストーリー内容と考察

スターカラーペンダントを分析するララとプルンス

前回第2話ラストで、スターカラーペンダントが鳴った理由について、ララとプルンスが調べています。目にクマができているようで、おそらくは徹夜で解析していたのかなと。宇宙人であっても、身体機能は地球人に近いのかな?第1話では乗り物酔いで嘔吐していたし。

もはや応急処置跡のバッテン×がトレードマークになってしまっているようなララが乗ってきた宇宙船。

プルンスも目にクマができていて寝不足そう。

お疲れ気味のララ。手に持っている分析表のデザインがいいなあと思いました。フワが頭に乗っかるのも良い演出。

この分析機器丈夫にあるロゴもハートマーク。ララが身に着けているものもほとんどにハートマークがありますが、これはララの一族の家紋的なものなか、それとも惑星サマーンのロゴなのか。気になります。

しっかりと分析してから行動したいララと、小さな手がかりを元に動くことを優先し、動きながら考えたいひかる。細かく分析する前にひかるがどんどん行動に入っていってしまうのを止めようとするララ。2人の問題解決への手順の違いが、後に喧嘩に発展してしまいます。

このあたりの困り顔の描き方がかわいい。青山充氏の特徴的なちょっと目が大きく柔らかめな感じが出ているなあと。

どんどん行動に入ってしまうひかるを止めようとするララ

行動する前にまずはしっかりと分析が必要だと主張するララ。分析には時間がかかり、それだと全然進まない、動きながら考えたほうが(効率的で)よいと主張するひかる。
この両者の考えの違いとこの展開、魔法つかいプリキュア!(まほプリ)の第4話「魔法の授業スタート!ふしぎなちょうちょを探せ!」のみらいとリコと同じようだなと思いました。

手袋でAIと話せることに興味津々のひかる。でも、ララからは「聞こえないルン」と一喝。

先行カットでもララのこのポーズのシーンありましたが、どんな状況なのかよくわかりませんでした。本編を観て、「なるほど」という感じ。

分析してから行動しようとするララに対して待ってらんないというひかる。このあたりの表情の変化も面白くて良いです。

このあたりの表情は凄く笑えたw

「あ~、もう待ってらんない」という感じでジタバタしていたところ、スターカラーペンダントが鳴り出します。

スターカラーペンダントがなったことをララに報告しようとするひかる。しかし、これがまたララをイラつかせます。「もう、うるさいルン!」

「探しながら分析すればいいじゃん!」と提案するひかるですが、「それだと効率が悪いルン!」と反論するララ。それに対し、「効率悪いって、何で分かるの?」と食いつくひかる。そのひかるの意見に対し「分析しながら探すのと分析し終わってから探すのとどっちが早いルン!?」とAIに確認するララ。このあたりのララの行動、一般的には「頭が固い」みたいな感じで演出しているなあと思いました。でも、こういう、そもそも論を考えることも重要ですが。

そんなララに対して「またデータ? 分析?ララちゃん もういいから!」とひかる。

さらに、「前から言おうと思っていたルン」「その「ちゃん」づけやめるルン!」「わたしは大人ルン!」と自分の呼び方について怒ります。ひかるも「そっちこそ!フルネームでよばないでよ。堅苦しい!」と主張します。
そしてとうとうひかるは、「わたしはわたしのやり方で探す」と自分でどんどん行動してこうとします。

この怒ったときのララの触角(センサー)が、黄色からピンクに色が変わる演出も良いですし、表情も豊かで面白い。怒ると触角の線も乱れるんですね。

情報収集のため商店街へ

人が多いところで噂話など何か手がかりとなる情報がないかを探すひかる。自分たちが宇宙人だとバレたらまずいと、バレないよう変装するプルンス。
宇宙人だとバレたらマズイ理由については→コチラ

箱に変装するプルンス。

ララのこの膨れ顔もかわいい。

福引景品のタコの風船を見て、風船に変装することを提案するひかる。

子どもたちから、その風船どこにもらえるのか尋ねられるララ。動揺しますが、福引が開催されているほうを指差し、案内します。このときの表情の変化も面白い。

子どもたちに自分が宇宙人であることがバレずにホッとするララ。でも昨日はひかる以外の人が何話しているかわからなかったのに、何故今回はわかるようになったのだろう?その疑問をAIに尋ねたところ、昨日(展望台の空見遼太郎と)話したときはスターカラーペンダントが無かったので、スターカラーペンダントの影響ではないかと回答するAI。

ドーナツ屋「Star Donut(スタードーナツ)」に情報を聞き込むひかる

美味しそうなドーナツを目の前にして思わず声を出してしまうフワ。「ドーナツフワ!」

慌ててフワの口をふさぐひかる。このひかるの口の演出も面白い。

ひかるの背後にララ様。このちょうど良い感じの威圧感。

ドーナツ屋のお姉さんからの「ねぇ 聞いた? 「空とぶUFO事件」」という話にびっくりするひかるとララ。自分たちのことが話題になってしまっていると焦った様子。この作画も面白いですね。

フワのこの目も良い。

「あら? 「キラやば~っ」は?いつものやつ」と、いつものひかるのリアクションがないことをつっこむ店員さん。

「時間の無駄ルン」と、釘を刺すララ様。

フワまだ表情戻らず。

「怪奇! 巨大ホタルあらわる!」の噂話に目を輝かせるひかる。

ひかるとララの口喧嘩

AIで分析を続けるララ。スタープリンセスの力はプリキュアが所持する物体に近い、つまりは「スターカラーペン」であることがわかります。

手がかりとなりそうな情報を嬉々としてララに報告しようとするひかるですが。。。

ララの冷たい目にビックリするひかる。思わず「…だよね プルンス!」とプルンスに振ります。

「プルンスに!?」 とプルンスも突然話を振られたことにビックリ。

「一体何がしたいルン?」とララ。怖いですねえ。。。ひかるはビックリして思わず声大きく「何って… 決まってるじゃん!プリンセスのちか…」と言いかけたところ「シーッ! 星奈ひかる!声が大きいルン!」とひかるの口を塞ぐララ。

これで2人はまた口喧嘩に発展します。「ララちゃん フルネームで呼ばないでって言ったじゃん!」「そっちこそ「ちゃん」づけやめるルン」
「いいじゃん「ちゃん」かわいいんだから」「わたしは嫌ルン!」「落ち着くでプルンス」「こわいフワ~」(語尾で誰の発言か分かりやすいのがいいですよね。)

このときフワがプルンスの後ろに移動しているのも心にきますね。



ひかララの口喧嘩を華麗に仲裁する”太陽”えれな

ひかるとララの止まりそうのない口論を、一輪の花で止める天宮えれな。次回第3話でキュアソレイユとなる人物。

笑顔が魅力

「観星中の太陽」と言われるだけあって、2人の喧嘩もこの笑顔の前には続けられないといった感じ(えれなが去った後はまたすぐに険悪ムードになります)。ひかるにとっては学校の先輩。この場面から、プリキュアキャラ4人の中のえれなの立ち位置も予想してしまいますね。おそらく、歳上のえれなとまどかはひかるとララの2人をお姉さん的にサポートする立場になるのではないかと。メインはひかるとララという感じで。こんなお姉さんキャラ、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のあきらやゆかりを彷彿とさせられるなあ。

個人的に、えれなのこの後姿も良い。

立ち振る舞いがお姉さんという感じだなあ。

「うちの弟と妹もよくケンカしてさほんとまいっちゃうんだよね。でも いつも言ってるんだ。『まず相手の話を聞いてあげな』って」「とにかく なかよく 笑顔で!チャオ~!」と、相手の話を聞く大切さを諭します。

フワもプルンスも見とれてしまう”太陽”えれな。しかし、去っていくとすぐまた喧嘩モード。太陽が去ると曇るということ。

2人が仲良くならず、フワもがっかり。

続、水も滴る良い男”カッパード”登場

今回はまさかの半裸での登場で吹きましたwそれにしても良い身体つき。

毎回突っ込みどころというか、面白いところを残していくカッパードさん。1話から毎回そのレベルが上がってきていますが、次はどんな登場の仕方をするか楽しみですね。








セクシーな敵キャラ”テンジョウ”初登場

今回第3話では、セクシーな敵キャラの”テンジョウ”が登場します。この水着っぽい衣装、いかにも90年代という感じの衣装がしますね。ヘソ出しタイプのハイレグ(死語!?)。その美貌でノットレイを操る。仮面外したら超美人かもしれない。そういえば、HUGっと!プリキュア(ハグプリ)のパップルも90年代ボディコン風衣装だったよなあ。

ノットレイにエスコートしてもらってロケットから降りるテンジョウ。

背中もセクシー

デリケートゾーン。下から上を覗く感じ。

この仮面を外すときは果たしてくるのだろうか。

依然喧嘩中のひかるとララは爆発寸前

えれなが仲裁に入って「相手の話を聞く」というアドバイスをもらいましたが、えれなが去った後は再び喧嘩モードに。プルンスの説得もなす術無し。

ドーナツをプルンスが持っているのは、ひかるが怒りのあまりドーナツの存在を忘れてしまっているため、仕方なく代わりに持っているということだろうか。

ここからもうフワの悲しそうな顔で心が痛みますね。

向かうは「星空湖」。

このへんの丸い感じの目と表情も青山氏らしい感じで良い。泣きそうなフワを見ると心が痛い。

「遊んでる場合じゃないルン!」「遊んでないし!」「…っていうか 一緒に来てってたのんでないじゃん」「ペンダントのデータを集めたいルン。だから一緒に来てるだけルン!」「わたしのペンダントさえあればいいってわけね!」

「ララちゃんの分からず屋!」「星奈ひかる 自分勝手すぎるルン!」ここで互い気持ちをぶつけ合うの、いいなあと思いました。プリキュアの喧嘩回、なんか安心して見れる。

プルンスもオロオロ状態。

「地球人の考えはわたしには分からないルン」と言ってしまうララ。このセリフ、何か暗示している感じが凄くするんですよね。実はセリフとして候補が沢山あったのではないかと。「星奈ひかるの考えはわたしには分からないルン」でもよかったと思いますし。ここで「地球人」というキーワードが出てくるのには何か理由があるのでは?と思います。「ひかるの考え方がわからない」つまり極端に言うと「ひかるはバカ」よりも、「ひかるも含めてひかるの周りの人も考え方がよくわらない」つまり「ひかるの周りの人たちも皆バカ」というほうが、ひかるが怒りやすいと考えて、あえて「地球人」というキーワードにしたのかなと。ララが地球人を皆バカにしている感じのほうが、ひかるは怒るんじゃないかと。

拳に力を入れるララ。怒りが爆発しそう。

ひかるも拳に力を入れる。こちらも怒りが爆発しそう。

「何よ…。ララちゃんなんか…。ララちゃんなんか…。」とこの後に続きそうな言葉も予想できる状態。「ひかる!」とプルンスも止めに入ろうとしますが、声は届かない感じ。

「ララちゃんなんか 大き…」と、最後の2文字を言ってしまう寸前でひかるとララの様子を見ていたフワが泣き出し、2人を正気に戻します。フワの「なかよくフワ なかよくフワ…」のところ、心にきますね。

この「何よ..」~「大き」までのところ、声が星奈ひかるというキャラクターに凄く合っていたなあと思いました。

あと、最後の文字は「大キライ」だと思いますが、最後まで言い切らないほうが良かったのか。。。言い切ってしまうと相手を完全否定してしまうことになるからなあ。今までのストーリーを見てきて、ひかるはそんなこと言わないイメージのほうが強い。そんな単純に相手のことを「嫌い」と決め付けるようなタイプではないよなと。そういうひかるの性格も考慮して「キライ」と言い切らせない設定にしたのかなとも思いました。途中まで言いかけていますので、実質は「キライ」と言い切っているようなものですが。

「なかよくフワ なかよくフワ…」。この演出は心にくる。

花に滴り落ちる涙。

正気に戻りお互いの話を聞くひかるとララ

「先に話して」とララ。

ここからは、お互いの話を聞く→話の内容を整理→分析→問題解決の基本的な流れですね。喧嘩から仲直りという印象的なシーンで、この問題解決方法も一緒に子どもたちに覚えてもらえるといいなと思いました。大人たちにもこの基本的な流れを再認識してほしいところ。

この2人の笑顔良いなあ。

ひかるは、ヒントを探し求めて商店街のスタードーナツに行った、スタードーナツは色んな噂が集まるお店だからとララに打ち明けます。そして、ホタルの噂話が出たから何かあるかもって思ってララに話そうとしたと。一方でララからは、「分析によるとプリンセスの力はペンの形をしてる可能性が高いルン」と伝えます。プルンスがひかるとララの2人の話をまとめ、「プリンセスの力はホタルみたいに光るペン」「ペンダントは向きをかえて使うレーダー」であると整理します。

そして、スターカラーペンダントを使って、プリンセススターカラーペンを発見します。

奪われるプリンセススターカラーペン

しかし、現れたノットレイにプリンセススターカラーペンを奪われます。

奪われたスターカラーペンを追うひかるとララ。そこにはテンジョウとしもべのノットレイたちが。

奪ったプリンセススターカラーペンをテンジョウに渡すノットレイ。褒められて照れるノットレイも純情っぽくて良いですね。

プリキュアに変身して戦うひかるとララ。仮面ライダーの「変身!」という感じにスターカラーペンを取り出すのが好きです。変身ベルトではなくペンダントに差し込んで変身する。

今回は2人同時変身。変身シーンは別記事にまとめております↓↓

スター☆トゥインクルプリキュア第3話感想|キュアスター・キュアミルキーの2人同時変身シーンに注目!!



対テンジョウ戦

変身して、テンジョウとノットレイたちに立ち向かいます。今回敵軍は戦陣を敷いてきます。「今までのより統率が取れているでプルンス!」と、カッパードを軽くディスるプルンス。カッパードは統率というよりも自ら戦う戦法のような気もしますが。

「真正面が駄目なら上から」とジャンプして上から攻めようとするキュアスター。まさに「行動しながら考える」ですが、その先までは読めず、敵からの攻撃をまともに受けてしまいます。

「今までのより統率が取れているでプルンス!」。カッパード、聞いているだろうか。

キュアスター・キュアミルキー初の協力攻撃

敵からスターカラーペンを奪うため、この状況を打開するために、キュアスターはキュアミルキーに戦法の分析をお願いします。他人の長所をよく分かっていて、それを活かしていますね。こういった面や、情報収集に噂話が集まるドーナツ屋(スタードーナツ)に行ったり、行動しながら考えるスタンスであるところとか、キュアスター(星奈ひかる)は結構優秀なキャラクターだと思うんですけどね。

敵の攻撃をまともに受けたキュアスターを心配して駆けつけるキュアミルキー。

「ミルキー どうすればいい?」「ミルキーなら分析できるんじゃないかな?おねがい!」「ルン! まかせるルン!」。この部分尊い。

この見つめ合う演出も良い。

キュアスターとキュアミルキーの2人がシンクロするような感じの演出も良いです。

協力攻撃・合体攻撃

手を握り合う演出はまだ先

キュアスターとキュアミルキーがお互いの手首を握り合い、攻撃します。プリキュア特有の「手を握り合う」という演出ではまだないんですよね。握り合っているのは手首。この攻撃方法ですと手を握り合っていると身体が固定せず安定しないので。手を握り合う演出はまだ先。

ミルキーが触角を使ってバリアを張ります。こういう使い方もできるんですね。

手を握り合いそうと見せかけて。。。

お互いの手首をがっちりホールド。

そしてキュアスターの星壁ジャンプで一気に敵陣営に突っ込みます。

ここの顔が並ぶ演出もいいですよね。表情もすごく青山充氏らしい感じ。

そしてミルキーショックを打ち放す。

爆風で粉塵が舞って視界が悪いところを狙い、キュアミルキーがテンジョウからプリンセススターカラーペンを奪います。

そして、キュアミルキーがスターカラーペンをキュアスターに投げ渡します。この一連の投げるシーンも、なんか懐かしいアニメを観ている感じもして良いですね。

おうし座スターパンチが炸裂

スタープリンセスおうし座の力を使い、キュアスターのスターパンチが炸裂します。そのシーンは別記事にまとめています↓↓

スタプリ|スターパンチ(キュアスター必殺技)の演出・バンクシーンのまとめ

撤退するテンジョウ



スタープリンセスおうし座を星座解放

スタープリンセスが宿ったスターカラーペンをトゥインクルブックに差し込み、スタープリンセスを解放します(星座解放)。

良い表情だ。

星座を思い描いて星をタッチ

フワが12星座に変化し、スタープリンセスを解放。今回はおうし座。

おうし座フワ。かわいいですね。

スタープリンセスおうし座が解放。やはり美人だ。

スタープリンセスおうし座と対面

スタープリンセスと再開し喜ぶプルンス。スタープリンセスおうし座は、ひかるとララに現状の危機について説明します。残り11星座のスタープリンセスの力を取りど戻さねば、全宇宙のすべての星々はいずれ消えてしまうと。宇宙を救うためには残りのプリンセススターカラーペンを集めフワにさずけ、フワを育てることが必要だと。「星も宇宙もフワも守る」とひかる・ララ。

「えっ!?自分!?」という感じのフワ。

ひかるのこの笑顔好き。

ここはなんか宇宙人っぽさが出ている作画。

ひかる・ララの仲直り。尊い

元の世界に戻ったひかる・ララたち。ひかるは真っ先にララに謝ります。「ごめん!」「わたし、ララちゃんにひどいこと…勝手なことばっかり…」と。こういう性格良いなあと思いますね。見ている子どもたちにも、自分が悪いなと思ったら素直にすぐに謝ろうというメッセージも伺えるかなと。

このシーン、日本人らしくというか、ちゃんと頭を下げているのもポイントなんだよなあ。正直あんまし頭を下げて謝るイメージがひかるにはないのよね。

こういう表情の描き方も良い。心から謝っている感じがする。「許してもらえないかも」という気持ちも現れている感じで。

ララも、仲直りのしるしとして、触角タッチ。

触角タッチでこの「ピッ」というの作画演出が良いですね。

「わたしのほうこそごめんルン。ひかる」ララも謝ります。そして、ついにひかるのことをフルネームではなく「ひかる」と言います。一方でひかるもララのことを「ララちゃん」ではなく「ララ」と呼びます。「ララでいいルン。そのほうが効率的ルン」「うん! ララ!」

「効率的だから」というのは照れ隠しなのかな。

ひかるとララの2人が仲直りして喜ぶフワとプルンス。「青春でプルンス」と言うプルンス。まさしく。

みんなで仲良くスタードーナツを食べる

ひかる・ララ・プルンス・フワはスタードーナツを食べます。みんな「美味しい」と評判。

この湖の湖面に4人の姿が反射されているのが良い。

「おいしいルン!」

残り2つのドーナツははみんなで半分こして食べるのかな。

お互い良い笑顔。尊い。

「それにしても力を合わせたプリキュアは強かったでプルンス」「もっといれば プリキュアはもっともっと強くなるでプルンスがね~」とプルンス。そして、最後に天宮えれなからもらった花が映ります。次回はその天宮えれながプリキュア「キュアソレイユ」となる回ですね。

スタプリ次回第4話

ひかるの制服姿にも注目

ひかるの制服姿が映っています。どんな感じの制服か気になるところ。

フワを守るえれな

フワを抱いて敵から守ろうとするえれな。フワはなんかえれなに懐いている感じですね。今回の第3話ではえれながひかるとララの喧嘩を仲裁してくれましたし、フワがえれなからの花を大事そうに持っていたのもありますし。

キュアソレイユ誕生

えれなはキュアソレイユに変身します。凛々しい感じ。