スタプリ25話感想 お祭り・浴衣回!ユニとララの異星人関係に注目!

スタプリ25話感想 お祭り・浴衣回!ユニとララの異星人関係に注目!

スター☆トゥインクルプリキュア(スタプリ)の第25話「満点の星まつり☆ユニの思い出」の感想・まとめです。

目次

スタプリ第25話はお祭り・浴衣回!作画も美麗!

今回はお祭り回。ひかる、ララ、えれな、まどか、ユニ5人の浴衣姿に注目です。

また、全体的に作画も細かくて綺麗だった感。

5人のかわいさに注目な回でもあります。特に笑顔が皆素敵。

以下、個人的に注目的なシーンを中心に感想など述べていきます。

ユニをお祭りに誘うひかるたち

寝ようとしていたユニは街が騒がしくて寝られず。

それもそのはず、観星町のお祭りということで、商店街中心に賑やか。

まだ夕方なのに寝ようとしていたユニ。猫は夜行性だと思っていたけれども。。。そこは違うんですね。

しっぽ。

「眠れん」とユニ。ユニはこんな場所で寝ているんですね。ララの宇宙船で寝ているのかと思っていましたが。

何か騒がしいと街を見ると、街ではお祭り。

色々と露天が出ていますね。から揚げ1皿300円というのはわりと一般的な感じ。

このあたりのモブキャラも作画細かいですよね。

浴衣の柄や表情、動き・ポーズも。

ひかる、ララ、えれな、まどか、プルンス、フワが登場。

ユニをお祭りに誘います。

各キャラクターの浴衣の模様も面白い。

ひかるは星「☆」、えれなは太陽、ララはハートというのはわかりやすい。

まどかの浴衣の模様は笹の葉なのかなあ。「かぐや」 → 「かぐや姫」 → 「竹」という感じで。

あと、プルンスがララの腕に巻きついているも良いですね。

お祭りの露店等で売っているバルーンに扮しているのかな。

ひかるのこの顔良いなあ。

ユニの目がネコ目というかいわゆる「ねこぢる」みたいな目。

こういうキャラデザイン見るのは「HUGっと!プリキュア」の41話のえみる以来かなあ。

ユニをお祭りに誘うひかるとフワ。ここ、ひかるとフワがシンクロしているのが面白いですね。

このフワの顔凄く良い

う~ん。。。という感じに戸惑うユニ。

 ユニが浴衣に着替え

ひかるたちに誘われ、しぶしぶと言った感じで浴衣を着たユニが現われます。なお、ユニが着ている浴衣はひかるのものらしい。

一同、ユニの浴衣姿に歓喜。何気にプルンスが一番歓喜していますね。まるで何か凄く尊いものを見るような感じの目w

浴衣という服装に興味深い感じにユニ。

浴衣姿で一回転するララがかわいい

ララは浴衣を「ちょっと動きにくいけど素敵」と評価。

その際にくるっと一回転した姿が非常にかわいかったですね。

あと、この場面、プルンスがララをエスコートしている感じなのもいい。

最高ですね。

「地球には変わった風習があるでプルンスな~」とプルンス。

まどかの笑顔も素敵

ユニやララと同じく初のお祭りを楽しみしているまどか。

このまどかの笑顔も素敵ですねえ。。。

ひかるに商店街に連れて行かれた第

まどかの笑顔が印象的だった第9話の感想・まとめはこちら

スタプリ9話まとめ まどか・ひかる・えれなの関係とやぎ座解放が注目!!



一同はお祭りへ出発

ユニは乗り気じゃない感じですが、そんな表情もかわいいですね。

強引に、「いくぞ~!おー!」

ユニはひかるたちと一緒にお祭り会場へ

ユニにとって、お祭りは目新しいものばかり。もちろん、ララにとっても同じ。

観星中の生徒から注目の的のユニ

観星中学校の生徒から「かわいい子」と注目を浴びるユニ。

浴衣姿の桜子登場

そして、えれな・まどか人気のシーンには大抵現われるひかるたちの同級生「姫ノ城桜子」。

えれなやまどかと近しい感じのユニに対し敵対心を露にさせます。

桜子のオーラを感じ取るユニ。それはまるで竜虎対決の如く。

この部分も、ひかるとフワが表情シンクロしているのがかわいいですね。

カルノリ登場!相変わらずの軽さ

そこに、ひかるたちのクラスメイトの軽部タツノリが登場します。

名前からして軽そうな感じのキャラクター。

まあ、その軽さというのはいわゆる「チャラ男」というものではなく、学校によくいるお調子者という感じのキャラクターの軽さ。

ユニの「ニャン」語尾に鋭く反応。ここはララの「ルン」と同じ。

「よろしくな『ニャン子』!」とユニを「ニャン子」と呼ぶ軽がるさ。そして、他の生徒たちがユニを「かわいい!あの子誰?」と思っているところを、初対面でも手を握って挨拶する軽さ。まさに愛称の「カルノリ」という感じ。

「ニャン!?」

ユニを「ニャン子」と愛称付けるカルノリ。

「私の名前はユニよ」とカルノリに伝えるも、最終的には「ユニ子」になってしまう。

「バイニャン!ユニ子!」と。

「何だアイツは!?」という感じのユニ。この膨れ顔もかわいい。

「そんなにカッカしないでさ~。笑顔笑顔」(えれな)

「みんなユニのことが珍しいルン」(ララ)

えれなのユニのなだめさせ方が、いつものえれなのノリという感じでいいですね。

あと、印象的だったのが、このララの一言。既に宇宙人として地球で暮らしてきた先輩らしい発言というか。経験者は語るという感じ。

このユニよりも先に地球に暮らしているララと、地球で暮らし始めたユニの関係については、この後の展開に注目です。

  

「もっとお祭りを楽しもう!」とひかる。



お祭りの様子

太鼓のステージの柵が☆マークなのが、スタプリらしさ。まあ、「星」という文字が付く町ですしねえ。

お祭りの様子を何かいたたまれない感じで見るユニ。

それは後の展開に現われますが、ユニの故郷惑星レインボーを想う気持ちからでした。

まどかが射的に挑戦

ユニやララと同じく、お祭り初参加のまどか。

射的の露天に興味心身で、参加します。

昨年のプリキュアシリーズ「HUGっと!プリキュア」(はぐプリ)の第25話のお祭り回でも、さあやとルールーが射的していたことを思い出します。

今年もモフルンがお祭り回に登場?

こちらもはぐプリ第25話のお祭り回で、景品でくまのぬいぐるみが出たことを思い出しましたw

そのときのくまのぬいぐるみはピンクでしたが。

また、射的ではなく、くじ引きの景品でしたね。パップルが店主の。

今年のスタプリはよりモフルンに近い感じだなあ。

射的を眺めるまどか

射的の露天を興味深そうに眺めるまどか。

弓道の腕が黙っていないという感じ。

それにしても、髪を結っているまどかの姿がいいですね。そして、この後ろからのアングルも良い。

まどかが射的に挑戦!緊迫した雰囲気に!

射的の店主にやってみないか?と声をかけられるまどか。

「はい、心して挑みます」と気合十分。

この喜びと真剣さの表情のギャップも堪らない。

弓道さながらに袖も縛って気合十分。

まどかの射的を固唾を呑んで見守るひかるたち。

プルンスのこの表情も良い。

「肩の力を抜いて」と店主。

「見切った!」という感じのまどか。

発射!

普通の射的の威力ではないですね。。。

全部打ち落とします。。。どんな方法使ったのだろう。

こりゃたまげるわ。

このまどかの笑顔。

えれなは輪投げでお土産ゲット!

えれなは輪投げで見事大量の景品をゲットします。弟・妹たちへのお土産だと。

輪投げで景品を複数ゲットできるのは先のまどかと比べてまだわかる。。。

えれなのこの笑顔は輪投げで商品を沢山取れたことよりも、その取れた商品で弟・妹が喜ぶ姿が見えそうだからだろうなあ。

今回のスタプリ、本当に皆笑顔が素敵ですね。

ひかララのヨーヨーつり対決!

ひかるとララはヨーヨーつり対決で楽しみます。

ララはヨーヨーつりの方法知っていたのだろうか。。。上手い。

「負けないルン!」

勢いで弾き飛ばされるプルンス

ヨーヨーつりに夢中になるララ。竿をを勢いよく動かしているうちにプルンスが吹っ飛ばされてしまいます。

ひかるとララの「しまった」という顔w

「ハヤクタスケルデプルンス」。

このプルンスの声が非常に面白かったw

プルンスを釣り上げ

プルンスを拭き拭き。かなり柔らかそうだ。

ここだけ見ると、プルンスは蛸みたいだよなあ。

アレ!?フワはどこ!?

そして、例の如く、フワが迷子に。

フワは綿菓子の露天にいました。

店主から綿菓子と間違えられ、袋詰めにされそうになります。

そこをひかるが救出。

わたあめ1個500円か。今もそのくらいの値段なのかしら。

最近はわたあめの露天あまり見かけない気がする。

 

フワ登場。この登場の仕方かわいいですよね。

「フワー~」

「フワ?」

わたあめ屋のおやっさんからわたあめと勘違いされてしまい、わたあめに巻き込まれるフワ。

このひかるの登場の仕方、カッコいい。よくある滑り込み演出ですが。

フワを助け出すひかる。

このフワの顔もかわいいですねえ。

わたあめをほお張るまどかがかわいい

まどかさん、わたあめも初体験なんだろうなあ。

一方で浮かない顔のユニ。

自分の故郷が滅ぼされてなんとかしなくちゃいけないのに、楽しんでいていいのかと自問している感じ。

以前のララに似ていますね。

「あくまのたこやき」とは

それにしても↓画像の「あくまのたこやき」とは。。。?ネットで検索すると、チーズまみれのたこ焼きのようですが。。。気になる。

お祭りのポスターを見て故郷を思い出すユニ

花火が舞い上がるポスターを見て、ユニは故郷での花火を思い出します。

 

ひかララにハメられたユニ

「あなたたち、私をハメたわね!」とユニ。

「オヨ。ただのお面ルン」とララ。

ハメられたって。。。ユニはどういう意味で言ったのだろうか。

ここの背景の露天にも「あくまのたこやき」が。

何気にひかるが帯にうちわを挟んでいるところがわかるシーン。

お目を被せられて「きゃあ」とかわいい悲鳴をあげるユニ。悲鳴の声が凄くかわいかった。ていうか、何の番組だこれw

ひかユニの金魚すくい対決!

ひかるとララはユニを金魚すくいの露天に連れて行きます。

ここでひかるとユニの金魚すくい対決に!

金魚を見て、「美味しそうニャン」と興奮するユニ。

この金魚も作画が凄く細かい。

右の青い魚はあまり美味しそうではないなあ。。。模様といい、宇宙の魚なんだろうな。

左は刺身のようだけれども、宇宙のほかの星でも刺身料理があるんですね。

右上の魚も結構かわいい。尾びれがハート模様。

ユニのこのよだれちょっと垂らした顔もかわいいですね。

金魚を見たユニの「美味しそうニャン」発言にコケる一同。

このひかるの顔もかわいいです。

「これを使って掬うんだよ」と、「ポイ」を紹介するえれな。

何匹釣れるか競争しようと、ユニに勝負を仕掛けるひかる。

ユニって、負けず嫌いで勝負事が好きな感じだなあと。

だからこそ、宇宙怪盗ブルーキャットの役が合うのだと思いました。

勝負に乗るユニ。

背景のチョコバナナは1本200円かあ。自分の子どものときは1本100円くらいだった気がする。もう何年も前のことなのでうろ覚えですが。

ユニはうまく金魚を掬えず。

ここで失敗して終わるのは、宇宙怪盗ブルーキャットとして、数々の難題をクリアしてきたプライドが許せない。。。

この表情w

ちょっと怖いけどw

顔だけでなく手にも大量の汗が。。。

金魚すくいのコツをレクチャーするひかる。

これは今回も解説演出がわかりやすかったのが印象的。

ポイを水平に動かしていって壁に追いこんだところを掬うとよいようですが。。。本当なのかな。

ひかるの解説どおりに実行し、ユニは見事金魚を掬います。

結構素直なキャラクターなんだな。

このあたりの作画も凄く丁寧。

このあたりのユニの一連の笑顔が良い。この原画、髪の躍動感も良いですね。

「出来て当然!」という感じの感じのドヤ顔。

ララとプルンスのシンクロにも注目!!

ララが「ユニ楽しそうルン」と腕をガッツポーズする際、プルンスも一緒に同じ動作しているのも注目です。

このシンクロも面白かった。

ユニの笑顔

ユニが歯を出して笑っている笑顔が素敵

笑顔は一瞬だった

楽しそうなユニでしたが、賑やかなお祭りの様子を見て、ふと故郷惑星レインボーのことを思い出してしまい。。。

このお面、「スイートプリキュア♪」の妖精ハミィでは。。。

このあんず飴も作画凄く綺麗。。。

惑星レインボーでの花火。惑星レインボーでもお祭りがあったのかなあ。

急に暗くなるこの顔つきも印象的。

故郷惑星レインボーを復活させるという自分の使命を思い出し、ここに居る場合ではないという感じで去ってしまいます。

この立ち上がる仕草も非常に美麗。

浴衣の折り目の演出も細かい。

足元まで細かく描かれている。

ひかるはユニを追いかけようとしますが、人手が多く見失います。

ユニを案ずるララ

ユニを案ずるララ。地球では異星人同士の2人ですが、ララはユニの気持ちがわかるのだろうなあ。

それは、ララがこのあとユニと2人きりで話す場面につながります。

このシーン、目が泳いでいる演出が細かい。

ユニの悩みや思いを聴くララ

このあと、ララはユニに会いに行きます。

ララがユニの居場所をわかっているようなのも面白い。

「食べてないのに決め付けは無しルン」

ララはユニにあんず飴を渡します。「美味しいの?」とユニ。

「わからないルン」「食べてないのに決め付けは無しルン」とユニを諭します。

この言葉も、ララが始めて地球にやってきた頃、ひかるに言われた言葉ですね。

そして今度はララからユニへその言葉が贈られます。

ララはその言葉の意味を大切にしているんだなあと感じました。

スタプリ第2話まとめ|作画・バンクと「ひかララ」関係に注目!(画像多)

「ルン!甘くて美味しいルン!」

この一連の演出も美麗。

ユニがあんず飴食べた際の表情もすごくかわいい。

味については「まあまあね」と。

ユニに「ユニはお祭り嫌いルン?」と聞くララ。

「そんなことない」とユニ。

「どうして楽しまないルン?」とララはユニに質問します。

ユニは自分の心情をララに吐露します。「惑星レインボーを復活させるため遊んでいるわけにはいかない」と。

また、「あなた(ララ)も同じでは?」とララに問います。

ララは

「最初は私もそう思っていたルン。」

「けど、ひかるたちに出会って楽しい思い出が沢山増えたルン。」

「それに、みんなといると宇宙が広がるルン。」

「みんなのおかげで心のなかの宇宙が無限に広がっていくルン。」と答えます。

「最初は私もそう思っていたルン。」ということばからもララはユニの気持ちがよくわかっているんだろうなあと思いました。

ララも星空界の危機を救うという大きな使命があって宇宙を旅していて、もちろんそのことも大切だとわかっている。だから、惑星レインボーを元に戻す使命を持っているユニの焦る気持ちもよくわかる。でも、仲間という大切なものを手に入れ、それを大事にすることも自分にとっては重要なんだということを伝えようとしたのかなあと。

ララのこの笑顔、美人だ。。。

去ってしまうユニ

「悪いけど私にはわからない。」「私の目的は全てのペンを手に入れて惑星レインボーを元に戻すこと。」「あなたたちの力を借りる気はない。」

そう言ってユニは去ってしまいます。

ユニの態度や焦りは、ララがひかると出会った頃と似ていますね。だからこそ、ララもユニの気持ちが十分わかるのだろうなあと。

まだまだユニがひかるたちと仲良くなるまでには行きませんが、いずれは仲良くなるんだろうなあと。

もし近々惑星レインボーが元に戻った場合、ユニは目的を達成してしまうので、ユニがひかるたちと一緒にいる理由がなくなってしまいます。

でも、それまでにひかるたちと交流を重ね、離れたくない気持ちが強くなっているはず。その場合は、宇宙を闇から救うというプリキュアの使命を果たすために、ひかるたちと引き続き一緒に居たいと言いそうな気がする。

そのあたりの演出も楽しみです。



テンジョウに見つかるユニ 戦闘へ

ユニは一人でいるところをテンジョウに見つかってしまいます。

変身して戦闘に。今回の変身シーンはキュアコスモのみでした。

キュアコスモ変身シーンまとめ!カッコよさ・あざとさの演出に大注目!!

一人で戦うキュアコスモ(ユニ)

一人で応戦するキュアコスモ。

しかし、そう簡単にはうまくいかず。

レインボースプラッシュを打てない

プリンセススターカラーペンを持っていないので、レインボースプラッシュを発射することができません。

「仲間がいなければペンを使うことができない。レインボースプラッシュも打つことが出来ない。」とテンジョウにも見透かされてました。

でも、このあと、プリンセススターカラーペンを使わない技、「コスモシャイニング」を放ちますが。。。

キュアコスモがプリンセススターカラーペンを持たないことの意味

今回、キュアコスモはプリンセススターカラーペンを普段持たないということが顕在化されました。

キュアコスモが本編で登場する前から、玩具情報等でプリンセススターカラーペンを持っていないキュアコスモがなぜプリンセススターカラーペンを使ったアイテムを使用できるのか、気になっていたところでした。

元々が宇宙怪盗ブルーキャットという特性もあるので、常に他のプリキュアたちと一緒にいるのではなく、スポット的に現われて誰かのペンを勝手に奪って使うという予想もありました(実際にキュアミルキーのペンポケットから勝手に借りたときはありましたが)。

なんとなくですが、今回の放送でその意味が少し見えてきたかなと思います。

それは、そもそもプリンセススターカラーペンを持っていないからこそ、他のプリキュアたちと協力する必要があるという方向に持っていくという流れにしたかったのかなと思います。

一匹狼的なキュアコスモだからこそプリンセススターカラーペンを持たない。その一匹狼が他の狼たちと協力し合うという展開にしたかったのかなと。

仲間と協力し合うという、プリキュアの王道的な流れだなあと思います。

キュアコスモ大ピンチにプリキュア4人が駆けつける

キュアコスモが絶体絶命の大ピンチですが、そこに、キュアスター、キュアミルキー、キュアソレイユ、キュアセレーネのプリキュア4人が駆けつけます。

4人協力してキュアコスモを助け出そうとしますが、キュアコスモはいわば人質として囚われている状態。迂闊に敵に手を出せません。

「卑怯でプルンス」とプルンスとフワが抗議。ここも2者ともシンクロしていて面白かったです。

「お仲間ゴッコして甘い」とプリキュアたちに言い放つテンジョウ。それに対して、

「お仲間ゴッコじゃないルン!コスモは同じプリキュアルン!」(キュアミルキー)

「宇宙で出会えた大切な仲間なんだ!」(キュアソレイユ)

「仲間のためなら何度だって立ち上がって見せます!」(キュアセレーネ)

「コスモは私たちが守る!」(キュアスター)

と言い返すプリキュアたち。最初の「~じゃないルン!」は、以前11話でキュアスターに対して「想像力がない」とアイワーンたちが言ったときに「そんなことないルン!」と強く言い返したことを思い出しますね。

キュアコスモが敵の弱点を助言

「キュアコスモは大切な仲間だ」と他のプリキュアたちに応えようと、キュアコスモは敵の弱点を分析し、他のプリキュアたちに伝えます。

巨大ノットレイは元は1体。本体に狙いを定めればよいと。

その助言をもとに、プリキュア4人たちはノットレイを攻略します。

キュアコスモ通常技「プリキュア!コスモシャイニング!」初披露

そして、巨大ノットレイから解放されたキュアコスモが、プリンセススターカラーペン無しでできる通常技「プリキュア!コスモシャイニング!」を放ちます。

コスモシャイニングは何気に今回初披露。

プリンセススターカラーペン無くても攻撃はできるんですよね。。。

「プリキュア!コスモシャイニング!」の演出

コスモシャイニングの演出は、プリンセススターカラーペンを差し込んで放つ「レインボースプラッシュ」よりも控えめな演出。

それでも、キュアコスモのカッコよさとかわいさの両方がしっかりと含まれていると感じました。

キュアコスモといえばバク宙。コスモシャイニングでもバク宙をしっかりとキメます。

足元にトライアングルのゾーンが広がってカッコいい。

レインボースプラッシュのときには無かった演出。

プリンセススターカラーペンを使用していないので、巨大ノットレイを浄化するまでのパワーはなし。

浄化については今回は久々のサザンクロスショットのほうに譲ります。

久々のサザンクロスショット!

そして、今回は久々にサザンクロスショットが見れます。

最後にサザンクロスショットを放ったのはおそらく第19話(2019年6月9日放送)なので、おそらく2ヶ月ぶり。

キュアコスモ関連グッズの販促のためにも、それまではキュアコスモの技(レインボースプラッシュ)が中心だったのかなと。

キュアスター、キュアミルキー、キュアソレイユ、キュアセレーネの4人技とキュアコスモの1人技。

キュアコスモ(ユニ)が他4人と絆を深まった頃に、新しいアイテム・技が出てくるはず。

10月くらいかなあ。

久々のサザンクロスショットの演出とBGM。なんか懐かしい。

闘いは終わり、皆で花火鑑賞

巨大ノットリガーをたおし、皆で花火鑑賞します。

場所はララのロケットの上。

ユニは地球での花火はどんな気持ちで見ているのかなあ。

ここはまだお互い手首を握り合うのみ。まあ、このほうが安全ですし。

ユニが他のキャラと手と手を繋ぎあうときが楽しみだなあ。

ユニの目に映る花火。やはり故郷のことを思ってしまうのだろうなあ。

「お祭りってたのしいでしょ?」とひかるに聞かれ、「わるくはないわね」と答えるユニ。

ちょっとずつちょっとずつ、地球の生活に、またひかるたちとの行動に慣れてきているというところかなあ。

「ルン!」と、ララ。

ララも異星人として初めて地球にやってきて、ひかるたちと仲良くなって絆が深まるまで時間がかかりましたし、ユニの気持ちがよくわかるんだろうなあと

そんな気持ちもこもった「ルン!」だと思いました。

ララの兄登場!

そして、ラストに大展開!

ララの兄から通信が入ります。

服装がララに似ているなーというのが一番印象的。あと、結構イケメンそうなところ。

上着の青いリボンっぽいものも印象的です。

25話感想・まとめ

今回スタプリ第25話ですが、内容としては、お祭り回で、追加戦士のキャラクターと既存キャラクターたちが交流する回でした。

異星人が地球の「お祭り」という文化に触れるという内容でもあり、自分たちとは違う文化を楽しもうという雰囲気だったのも良かったです。

また、ララが、同じく異星人のユニに色々とアドバイスをしているのも印象的でした。また、そのアドバイス内容には、他の星の文化をポジティブに捉えようとすること、特に「心の宇宙が広がる」というワードが非常に印象的でした。それも、地球人ではなく、異星人のララが言うところが良い。おそらく、スター☆トゥインクルプリキュアの核心的なところでもあるなと思います。

作画も今回は全体的に細かく描かれていて美麗で、内容・作画共に楽しむことができた回でした。



次回スタプリ第26話はパジャマパーティー回!

次回スター☆トゥインクルプリキュア(スタプリ)第26話「ナゾの侵入者!?恐怖のパジャマパーティ☆」。

シリーズ恒例のパジャマパーティー回です。

各キャラクターのパジャマ姿にも注目ですね。

以下はテレ朝番組公式HPから内容引用(https://www.asahi.co.jp/precure/

内容からして楽しみですね。

ララのお兄さんから連絡が来たんだ!惑星サマーンでプリンセスの力が見つかったって!

というわけで、さっそくロケットに乗り込んで……と言いたいところだけど、惑星サマーンって、とっても遠くにあるんだって。だからお泊りの準備をして、しゅっぱ~つ!

みんなパジャマに着替えて、映画を見たりおしゃべりをしたり……こういうの、憧れてたんだよね~。キラやば~っ☆
でも、ロケットの中にあやしい気配が……そこにいるのは誰!?

ひかるが持っているのはVHSビデオテープ。昭和・平成初期感をここでも出してきますね。

なお、ひかるが着ているパジャマは実際に販売しているんですよね。

スタプリ「ひかる着用のパジャマ」が発売!デザインや購入方法を紹介!

ひかるたちが何やら動画を見ているようですが、ホラー系の動画と予想。

えれながホラー系苦手そうなのは、良いギャップで嬉しい。予告のこの動作だけでおなかいっぱい。

逆にまどかは楽しそう。

なんか、「HUGっと!プリキュア」のさあやとほまれと対比すると面白い。さあやはホラー好きでほまれはホラー苦手でしたねえ。

このえれなさんの表情と仕草、最高です。

プルンスのこの表情は。。。何かを発見したんですかねえ。

ノットレイダー側はカッパードが登場ですね。

カッパードはひかるのパジャマ姿が見たかったのかなあ。。。