スタプリED映像のまとめ|80年代背景とキュアスターの可愛さに注目!!(画像多)

スタプリED映像のまとめ|80年代背景とキュアスターの可愛さに注目!!(画像多)

プリキュア新シリーズ「スター☆トゥインクルプリキュア」(略して「スタプリ」)の放送が開始しました。

各話の感想などを書いてきましたが、今回はエンディング(ED)映像について紹介します。

オープニング(OP)映像のまとめについては前回まとめました。詳しくはコチラ↓

スタプリOP映像のまとめ|羽衣ララ(キュアミルキー)の可愛さ目立つ(画像多)

OP映像同様、ED映像も毎回観ることになると思いますが、どんな感じかまとめておこうと思います。

個人的には、OP映像のほうは羽衣ララ(キュアミルキー)の可愛さが目立つ内容でしたが、ED映像についてはキュアスター(星奈ひかる)の可愛さが目立つ感じ。

以下、ED映像含め時系列ごとにまとめています。第2話のEDの映像。

出だしのED背景は80年代

背景は一昔前のアニメのカットな感じ。個人的には「うる星やつら」のOPを彷彿させられますね。これ以降も80年代、90年代を表すようなものが色々と現れてきます。製作側も80年代を意識して出しているようです。「80S風で子供には新しく、親世代はちょっと懐かしく」と。子どもにとっては、見たこともないものが出てくるので「想像力(イマジネーション)」を掻き立てますし、一緒に見ている親世代にとっては「懐かしい」と思ってくる。EDに出てくる80年代のものを知らない若い親御さんも多いと思いますが。

https://mantan-web.jp/article/20190201dog00m200037000c.html

まずはキュアスター(星奈ひかる)。EDではまさに主役。

まずはキュアスター(星奈ひかる)のダンスから始まります。EDでのキュアスター、最後まで凄く可愛く描かれている。

このポーズも昔っぽいですね。

このあたりの目をつむった表情から笑顔のところがツボ。

良い。。。

背景に出てくるアイテムに注目

背景はスイーツ。

背景はファッション・コスメ

背景は、80年~90年に流行ったもの。このあたりは子どもたちにとっては見慣れないものですが、親御さんたちにとっては懐かしいもの。子どもがわかるのはCDくらいかな。

背景は電飾に。これも80年代感があって懐かしい感じ。

背景の電飾看板も80年代を象徴

背景の電飾看板も80年代っぽさが現れていますが、あまり古い感じに見えない。最新のデザインを合わせているかのよう。

ウインクしながらのこの振り、かわいい。

この電飾看板のロゴ、私的には凄くイカしていると思う。このロゴ、ステッカーにならないかな。



キュアミルキー(羽衣ララ)登場

前半はキュアスターのソロでしたが、後半からキュアミルキーをはじめ、キュアソレイユ、キュアセレーネが登場します。まずはキュアミルキー。安定の可愛さ。リズムスコープを覗く姿と、振る姿が良い。背景には地球とロケットに乗ったキュアスターとフワ。

後ろから見守るキュアスターとフワ。やはりこの2人の組合せという感じですね。ひかララ。

キュアセレーネの美しいのダンス

続いてキュアセレーネ。かわいいというのは勿論ありますが、美しい・綺麗という印象も強いダンス。背景は星空界とプルンス。

この凛とした顔つき良い。

この笑顔素敵。

キュアソレイユの華麗さのダンス

最後にキュアソレイユ。キュアセレーネと同じ美系統なダンスですが、明るさというか華麗さというか、セレーネとはちょっと違う印象。振りもキュアミルキーやキュアセレーネとは違う。この手を大きく上げるダンスをソロでやるならやはりキュアソレイユかなーという感じです。



再びキュアスターのソロ

腰を左右に振るところと、人差し指を振るところがかわいいです。

惑星が後ろに連なっている演出も良いです。



最後は4人全員で

最後はプリキュア4人全員でダンスで締めくくり。

キュアスターのこの表情良い。

セレーネのウインクも良いです。

振り向き美人。ほくろのアクセントも堪らない。

この振り付け部分も、ピンクレディーの「UFO」みたいなかんじで懐かしい。

キュアスターとキュアミルキー。同じポーズなのはやはり「この2人」なんだろうな。

キュアセレーネとキュアソレイユのポーズと表情がお姉さんっぽくて良いですね。

最後は星を描いて終了。

バイバイ。